犬は犬小屋でゴロゴロ

日記感覚で書いてます。日常の興味あることをランダム配信中!

日本の夏、賛否あるけどオリンピックは興奮します(五輪でほっこりした話)

f:id:sanrisesansan:20210723114047j:plain

どうぞ、よくスポーツマンと間違われるポチです🐶

 

Twitterやってます。お気軽にフォローお待ちしています。

 

 

オリンピック賛否あるけど

東京五輪始まりましたね。

この記事書いてるの開会式当日なんですけど、うちにはTVないので多分みません。

 

というか、五輪のネットニュースの話して良いですか?

 

選手村の件とか、選手団の件とか、五輪雰囲気冷めてるとか、国民の意見無視して強行した感じの非難とか、某K国の非難は別としても、

 

バッシングネタ多くないですの?

 

まぁ、たしかに五輪の雰囲気ではないし、様々なことをみんな我慢してきた中での開催だし、ぼくも就活見つからないし、お金ないですけど。

 

でも、メディアのネタで五輪の良いところ探すの難しいくらいにニュースにない。

 

(これ情報操作じゃねってレベル。)

 

ある、五輪のほっこりした話

なので、僕が五輪の良い話を発信します。笑

 

この前、派遣仕事終わりに郊外のスーパー銭湯いってサウナに入ってました。今の現場は拘束時間12時間オーバーの肉体労働なので定期的なサウナが不可欠なのです。

 

で、そこでなでしこジャパンの試合がやっていました。カナダ戦。

 

1点カナダにリードされてて、後半35分頃に10番の選手が同点ゴールを決めたんです。

(なんかロングパスからの速攻的なやつでゴールしてた。)

 

そしたらね、いまサウナって黙浴なんですけど、そこにいた人達がみんな黙々と拍手して沈黙でゴールを喜んでたんだんです。

 

ぼくも一緒にゴールに歓喜して拍手喝采だったんだけど、なんかマナーを守りながらも、みんな感動して拍手してるんだなぁと嬉しくなりました。

 

東京五輪って、64年の時もそうだったと思うけど、すごいイベントだと思うんです。

 

だって、今度いつ日本で開催されるかも分かりませんし。

 

確かにコロナでみんな苦しんで辛い思いしてますが、そうやって感動を与えてくれるイベントでもあるんだと改めて実感した出来事でした。

 

スポーツってやっぱり良いなぁ(^∇^)

 

今後も、楽しく安全に選手の皆さんを応援していきたいと思います。

 

★他にもおすすめの記事↓

ちょっと待っててくださいね。

★色々なジャンルの雑記ブログもやっています↓ 

さんログ|ファッション、商品レビュー、食レポ中心の雑記ブログ

★就活談と情報発信のブログもやっています↓ 

就活×情報発信ブログ|転職・就活とトレンドを伝えるブログ

 

 

Googleアップデートの影響

f:id:sanrisesansan:20210717212020j:plain

3ブログ運営してます。ポチです❗️

 

Twitterやってます。気軽にフォローお願いします。

 

Googleアップデートの影響

Googleアップデートが6.7月にきたそうで、

僕のサイトにも(さんログ)影響がやっと、やっと出ました。笑

 

というのも、検索順位が落ちたのと、クリック率が落ちたことなのより、それまで数件あったアフィ発注が無くなってしまったということ。

 

 

とほほ、、なのですが、コンテンツが古くなると順位が下がるのは当たり前?なのかもと納得。

 

アクセ自体はそこまで減ってないし、アドセンスは安定してからね。

 

アップデートに影響したということは、ちびっとは影響力ある?

そう思って、ポジティブに考えてたりします。

 

順位圏外ばかりこブログだったら、アップデート影響ないでしょ?多分。

 

上位にあるから下がった落ち込むわけですし。笑

 

そう考えたらプラスに少しでもなってるんだと考えてます😊

 

とまぁ、そんな影響力がちびっとあると勝手に信じてるサイトと、いまの就活の心境を赤裸々に語ったサイトのリンクを下に貼っておくので、よかったら見てみてください。

 

★他にもおすすめの記事↓

 

pidakkuu.hatenadiary.com

 

★色々なジャンルの雑記ブログもやっています↓ 

さんログ|ファッション、商品レビュー、食レポ中心の雑記ブログ

★就活談と情報発信のブログもやっています↓ 

就活×情報発信ブログ|転職・就活とトレンドを伝えるブログ

 

ガンダムの楽しい雑学を書いてみる② ガンダム3部作は日本の歴史っぽいという話

f:id:sanrisesansan:20210704194137p:plain

どうもポチです。

 

Twitterやっています。お気軽にフォローしてもらえると嬉しいです。

 

ガンダム3部作は日本の歴史っぽい

ガンダムシリーズ3部作、ファースト、Z、ZZは日本史の戦いに構成が似ているという話です。

 

3部作といってもファースト→Zは7年も経っている訳で、実際のアニメの世界でも7年経過しているというのも面白いですよね。

 

ファーストガンダム源平合戦

 

ファーストガンダムは従来のロボットアニメっぽい感じが残っていまして、人物=ロボットという構図です。

アムロ=ガンダム

カイ=ガンキャノン

ハヤト=ガンタンク

セイラ=Gメカ

という感じですね。例外はありますが、この構図が大きいです。

 

で、戦いの構造は日本史の源平合戦をイメージしているということがネットなどで言われています。

 

正義と悪の2局での戦いがまさにこれです。

 

Z、ZZは戦国時代

一方、ZとZZはパイロットとモビルスーツがよくバラつきます。これは特にZZが多いですかね。

 

ちなみにZとZZを一括りにしているのは、主人公こそ違えど、時系列はほぼ同じです。

Zの最終回の次の日か数日後くらいがZZの第一話なので。

 

で、この作品の構成は戦国時代がモデルだと言われています。

 

Zは地球連邦で過激派のティターンズに対抗した組織エゥーゴが対立して戦争しますが、この最中に第三勢力であるアクシズ(旧ジオンの残党勢力)が加わり三つ巴の戦いになります。

 

こうした構図がまさに戦国時代です。

 

その後のZZは第三勢力アクシズネオジオンと称して本格的に対立の果てに弱まった地球を攻めてきます。

 

しかしここでも、ネオジオン内で分裂して対立勢力がおこり、内戦になっていきます。

 

このような2点3点した勢力図が展開されます。

 

まとめ

 

このような勢力図が日本史の出来事をモデルにしてるというのは面白いですよね。

 

こうした話がガンダムにはいくつもあるので、小出しに今後もしていきたいと思います。

 

今回は以上です。

 

 

★他にもおすすめの記事↓

★色々なジャンルの雑記ブログもやっています↓ 

さんログ|ファッション、商品レビュー、食レポ中心の雑記ブログ

★就活談と情報発信のブログもやっています↓

就活×情報発信ブログ|転職・就活とトレンドを伝えるブログ

 

 

ガンダムの楽しい雑学を書いてみる① ガンダムのサイレント改造

f:id:sanrisesansan:20210704193528p:plain

ガンダム大好きなポチです。

Twitterやっています。気軽にフォローしてくれたら嬉しいです。

 

ガンダムの楽しい雑学を書いてみる

ガンダムシリーズは見れば見るほど面白い作品です。

僕は宇宙世紀シリーズと呼ばれる簡単に言えば昔のガンダムシリーズが好きなのですが、それぞれの世代で愛されてるガンダムってすごいですよね。

 

ということで、宇宙世紀シリーズの雑学を面白おかしく見ていきます、

 

ファーストガンダムガンダムはサイレント改造されている

ファーストガンダムアムロが操縦するガンダムは、初めの登場から最終回までほとんど外見が変わりません。

 

次回のZガンダムでは、初めはガンダムマーク2→Zガンダムへとその次のガンダムZZでも、ZガンダムZZガンダムへと主人公機が強化されて強くなります。

 

ですが、ファーストガンダムではずっと変わらないままガンダムで活躍するんですね。

実はこれ、設定ではガンダムの性能は変わっているんです。

 

大気圏突入した後の地上では、オデッサの戦いまで色々とありますが、砂漠の砂や海中戦を想定した整備ぎされているはずですし、再び宇宙に上がる時も宇宙ように整備されてるはず。

 

これは実際にそのような描写がたしかなかった気がするのでわかりませんが、説明があるものとしたら、マグネットコーティングを施したガンダムでしょうか。

 

これは、アムロくんがニュータイプとして覚醒してガンダムの機動性がアムロくんについていけなくなったので、新たに反応速度を改良した時に施したものです。

 

これにより、終盤以降はライバルのシャアを圧倒する成果を見せました。

 

元々アムロくんは、機械いじりが好きな少年でお父さんがガンダム作った人の1人ということとあり、整備などは得意だったと思います。

 

アニメでも、ビームサーベルの隠し機能?であるビームジャベリン機能を見つけてます。

 

なので、ガンダムの整備も自ら率先してしている描写もあるので面白いですよね。

 

今回は以上です。

 

 

★他にもおすすめの記事↓

★色々なジャンルの雑記ブログもやっています↓ 

さんログ|ファッション、商品レビュー、食レポ中心の雑記ブログ

★就活談と情報発信のブログもやっています↓ 

就活×情報発信ブログ|転職・就活とトレンドを伝えるブログ

ガンダムは何がそんなにリアルなのか?続きです。

f:id:sanrisesansan:20210704192955p:plain

どうも、ガンダム好きなポチです。

Twitterもやっています。気軽にフォローお願いします。

 

ガンダムがリアルだと思うことを話す続きの話

では、前回の続きで、ガンダムがリアルな構成だということを見ていきたいと思います。

 

補給は整備がとってもリアル 

ガンダムは食糧や補給などがとてもリアルに、描かれているのも、従来のロボットアニメとは一線を引く物があります。

 

 

ファーストガンダムのアニメ版だと、ホワイトベースのコック長が塩が無くなりそうだから塩湖に向かって欲しいと言う要望があり、湖に向かう話がありますし、

 

宇宙の食事シーンも重力がない空間での食事ということで大体がハンバーガーですし。

 

整備に関してもどの宇宙世紀のシリーズでも結構丁寧に描かれています。

 

このように戦争のリアルさや、臨場感はこうしたシーンを描くことにより、鮮明に映像に反映されるんですよね。

 

戦争を描いた作成は人気がなかった?

ファーストガンダムは数ある名場面があり、名セリフが生まれた伝説的な作品です。

 

ガンダムを見たことない人も、アムロやシャア、ガンダムやザクは見たことあるのではないでしょうか?

 

このファーストガンダムは実はアニメ版では、低視聴率であり打ち切りになっている作品でもあります。

 

全43話なのですが、全編を通して見てみると、最終話までの数話でかなり話が進みますし、登場人物がドンドンと亡くなっていきます。

 

こんなに人気の高い作品なのですが、当時はおもちゃメーカーとの関係や、テーマのコンセプトなどもシリアスで人気が出なかったのかもしれません。

 

ガンダムは後のロボット作品に多大なる影響を与えた

 

とはいえ、ガンダムはやはり大人気コンテンツになり、後のロボット作品に多大なる影響を与えています。

 

最後の宇宙世紀作品であるVガンダムは、監督である富野さんの作品の中でも黒富野全開とまで言われる鬱アニメとされていますが、

 

これは次の年から始まった新世紀エヴァンゲリオンの世界観に大きな影響を与えていると言われています。

 

エヴァンゲリオンは、2021年にシンエヴァが公開して完全完結したと話題になりましたが、90年代後半には社会現象にもなったアニメ作品です。

 

その作品に影響を及ぼしたガンダムシリーズはやはり、日本のアニメ史の中でも伝説とも言われるのかもしれませんね。

 

本日は以上です。

 

 

ガンダムの面白さはリアルさだと思うのです

f:id:sanrisesansan:20210704192335p:plain



ガンダム大好きなポチです。

Twitterやっています。お気軽にフォローしてみてください。

 

ガンダムの面白さはリアルさだと思うのです

 

ガンダムと聞くとロボットアニメだと思いますか?

 

違います。戦争アニメです。

 

もっというと、宇宙世紀を描いた1992年の作品、Vガンダム辺りまでは少なくとも戦争アニメだと思います。

 

次のGガンダムはもうパロディだと思います。個人的に。笑

 

で、今までの日本のロボットアニメはいわばスーパーロボットというか、結構設定とかも突然どかーんと悪の組織の巨大ロボットと戦うみたいなストーリーでした。(ダイターン3とかね。)

 

ダグラムとかの、ちょっと政治色強いのもありますが。

 

それに比べてガンダムはとってもリアルに戦争を描いているんですよね。

 

どんなところがリアルなのか?

 

ガンダムのリアルさは、戦闘描写、人間模様、補給や整備描写などが隅々までリアルに描かれています。

 

戦闘描写は、例えばビームサーベルは敵を目の前はするまで、エネルギーを節約するために刀身が短くなっていますし、人口物であるコロニー内でビームライフルを使うとコロニーに穴が開くから使わないなどの描写があります。

 

あと印象的なのは、ビームライフルやビームマシンガンの撃ち合いでは、かなりの射撃があるのにも関わらず、モビルスーツに中々当たらなかったりします。(ファーストガンダムの後半のアムロが乗るガンダムは別ですが。)

 

いかに動く標的に当てるのが難しいかが分かります。

 

人間関係も中々にリアルだったりして、ファーストガンダムで敵として描かれてるジオン公国の兵士は思いっきり旧日本軍がモデルっぽいですし、主人公のアムロも新人兵士がかかる病とかになる話もあります。

 

あと、ライバルのシャアがエースで連邦から恐れられてるのにどこか人間くさかったり、ジオンの独裁政治のトップであるデギン公が実は良い人だったり(モデルは天皇陛下とも言われてます。)、中々面白い人間関係があるんですよね。

 

ということで、長くなるので次に続きます。

 

今回は以上です。

 

★他にもおすすめの記事↓

 

pidakkuu.hatenadiary.com

 

★色々なジャンルの雑記ブログもやっています↓ 

さんログ|ファッション、商品レビュー、食レポ中心の雑記ブログ

★就活談と情報発信のブログもやっています↓ 

就活×情報発信ブログ|転職・就活とトレンドを伝えるブログ